プロポーズに適したムードの作り方とは?

一生添い遂げる相手だからこそ力まず

プロポーズと言えば、人生に何度かある大切な節目のひとつですね。この人こそは、と心に決めた人に結婚を申し込む。男性としては一生に一度、最高に緊張するシーンではないでしょうか。もちろん、申し込むからには絶対にOKさせたい。でも、ここで力みすぎてはいけません。女性の立場になって考えてみましょう。肩に力を入れ、鼻息も荒くプロポーズされても、結婚を承諾する気分にはなれません。そう、ムードが大事です。ああ、この人なら、と思わせるような雰囲気作りが何よりも大切です。そのためには、あなたがまず力まないこと。ふだん、相手の女性と会話するのと同じようなトーンを保つことが重要です。男性のあなたがリラックスしていれば、相手の女性の態度も柔らかくなります。まずは、そこからです。

ゴージャスに行くか、サプライズか

プロポーズするために婚約指輪を準備する時から、相手の女性に気配を悟られても良いからゴージャスに行くか、サプライズで驚かせるかを決めておいた方が良いです。ゴージャスに行くなら、指輪の好みなども率直に彼女に聞けます。思い切って教会のような場所でプロポーズするのも良いでしょう。逆に、サプライズで驚かせたいなら、ばれないように彼女の友人に指輪の好みを聞いてもらうなどの工夫が必要です。また、プロポーズする場所も、二人でよく行くレストランなど慣れ親しんだ所の方が良いでしょう。まさかここで来るとは、と彼女の意表を突くことが大事です。どちらにしても、最も重要なのは、あなた自身が考えて準備するということです。どんなにお金をかけて豪華な場所でプロポーズしようとも、あなた自身が考えて用意したものでなければ、彼女の心は万分の一も動かないでしょう。あなたの手作り感こそがプロポーズを成功させるムードを作り出すのです。