つきあいはじめてからどれくらいでプロポーズすべき?

プロポーズへの判断材料

異性と付き合っていて、しばらく付き合っていると結婚を意識することはあると思います。ましてやあなたが適齢期を迎えていればなおさらです。よく言われているのが、付き合ってどれくらいでプロポーズすればいいのか、という問題です。一般的には半年とか1年とか、あまり長くなると結婚の機会が失われて結婚できなくなるとかいろんな意見がありますが、ここで一番に重要なのは期間ではありません。プロポーズするに値する相手であるかどうかの判断ができたときがプロポーズを決意するタイミングなのです。そこから準備を進め、プロポーズに至るのです。判断材料はやはり相手と一緒に過ごすことになっても苦痛でないか、一生をささげるに値する人物か、ということです。これらのことを判断するために必要な期間がどれくらいか、という考え方を持つべきです。これを知るためには一度同棲してみたり、自分の家や相手の家でお泊りを何度かすることです。

どんな方法ですべきか

プロポーズへの決意が固まれば、あとは方法です。プロポーズのためには婚約指輪が必要ですから、相手の女性の指のサイズをしっかりを把握しておく必要があります。これは普段の会話の中で自然に聞き出しておくべきです。たとえばファッションの話をしながらその流れで聞くなどです。また、プロポーズのシチュエーションも考えておく必要があります。たとえばフラッシュモブなどのサプライズでプロポーズをする方法もありますが、人によってはこういったプロポーズを嫌悪し、ストレートに言ってほしいという人もいます。相手の好みをしっかり把握しておくことも準備の一環です。そして言うまでもないことですが、準備の中で知る必要のある相手の好みや指輪のサイズなどがわからないうちはプロポーズをするべきではありません。相手のことをしっかり知ってからプロポーズをしましょう。